月別アーカイブ: 2009年6月

  • 日曜日ハ晴天ナリ。

    梅雨だというのに。
    雨という予報だったのに。
    日曜日は晴天なり。

    kyoto  日曜日ハ晴天ナリ。

     

    kyoto  日曜日ハ晴天ナリ。

  • 鴨川(御池通付近)

    西側では、楽しそうなドンチャン騒ぎ。
    東側で、水面に映る光を静かに眺める。

    kyoto  鴨川(御池通付近)

     

    この日は終日曇りでしたが、雲の隙間からお月さんがちらり。

    kyoto  鴨川(御池通付近)

     

    ちょっと下流の歌舞練場付近。

    kyoto  鴨川(御池通付近)

  • 鴨川(四条大橋付近)

    ただひたすら待つのみ・・・
    待つのみ・・・
    待つ・・・Zzz

    kyoto  鴨川(四条大橋付近)

  • 鴨川(五条橋付近)

    そっちどない?

    あかんわ・・・。

     

    こっちも。

    kyoto  鴨川(五条橋付近)

  • 今宵の飯は・・・

    kyoto  今宵の飯は・・・

    また空・・・ですか。

  • 東林院

    「沙羅双樹を愛でる会」に行ってきました。
    青苔の上に白い落花がポツリ、ポツリと・・・。

    kyoto  東林院

    残念ながら樹齢350年の沙羅双樹は枯れてしまって、今はその幹を眺めるだけに。

    日本において沙羅は「夏椿」の別称。

    kyoto  東林院

    祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
    沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす
    おごれる人も久しからず ただ春の世の夢のごとし
    たけき者も遂には滅びぬ 偏に風の前の塵に同じ

    住職さんの言葉で、花の最後(1日で散り落ちる)をしっかり見届けてください。
    という言葉が、心に響きます。

    とはいえ・・・拝観料1500円は、ちと高いかと。(個人的心のちっちゃな意見)

  • Singin' in the Rain

    ザーッと降ってきたと思ったら、数時間後には晴れ。
    梅雨って、もっとザーザー、ザッサーでは?

    kyoto  Singin' in the Rain

    先日、カメラの使い方教室に行ってきました。
    シャッターを押せばとりあえず写るので、よしとしていた私。
    でも、せっかくいいカメラを持っているのに、これじゃ宝の持ち腐れというもの、
    あまりにもカメラが可愛そうだ・・・ということで、(あ、3000円というお手軽価格にも惹かれ)
    参加することに。

    参加人数は、7〜8名でほとんどが年配の方。
    先生が所々で入れるギャグや冗談には耳をかさず、皆さんせっせとメモをとったり、
    自分のカメラを覗いたりと・・・授業を受ける姿勢は真剣!
    ちなみに、私はひとりニヤニヤ。え、今なっていった?なんてことになってました。

    授業は、バッテリーやレンズ、メディアの付け方から始まり、各種設定、ボタンの使い方などを
    みっちり3時間かけて説明してくれました。
    え、このボタンってそーだったの。
    へ〜、そうすれば簡単だ。
    あ〜、それをしたらダメなの・・・のオンパレード。

    何事も最初が肝心ですな。

  • 両足院

    建仁寺の塔頭「両足院」。
    今、お庭に半夏生という珍しい華が咲いています。
    ※両足院は、通常非公開です。

    kyoto  両足院

    苔、杉、松、苔、水、石、土、砂・・・
    様々な要素が絶妙のバランスで組み合わさってはじめて、
    すばらしい庭園ができあがる。
    そして、偶然池に舞い降りた青鷺もその要素のひとつとなり、
    他の要素を引き立たせる・・・不思議なものです。

    話は変わり、本日会社で、“スパイス”の話に。
    料理を作る上で、とても大切なスパイス。
    野菜炒め煮はXO醤を入れるとか、カレーに福神漬けの汁を入れるとか・・・。
    そんな中、わたくしが「へぇ〜」と思ったスパイス(隠し味)メモ。
    近々挑戦予定。
    あ、お試しの際は自己責任で。

    ・ゴボウサラダに甘酢
    ・味噌汁に少量のすり下ろしニンニク
    ・ミートソースにコーヒー
    ・肉じゃがに酒盗

    以下、カレーの隠し味
    ・熱した胡麻油
    ・砂糖
    ・コンソメ
    ・肉の脂肪の塊
    ・チョコ
    ・インスタントコーヒー
    ・コーラ!?
    ・トマトの水煮缶

  • 弘法市(東寺)

    ただいま夜中の1時36分。
    ソファの上で猫が寝ております。
    腹をだして、デーンと。
    なんなら、ちょっと大胆なポーズで・・・。
    お陰で、私の座る場所がありません。
    仕方がないので、フローリングでデーンと寝ころんで書いてます。

    今日は、東寺の弘法市に行ってきました。
    毎月21日に催されているそうなんですが、
    知りませんでした(近くに住んで2年も経つのに)

    魚介類から野菜、衣類、陶器、骨董品、リサイクル品、日用雑貨、
    家にあったオモチャ・・・等、何でもござれ。
    様々なものが、売られています。

    で、その楽しい雰囲気を写真で紹介しようと思ったのですが、
    人が多いのと出店に目を奪われ、撮ることを忘れてしまい・・・
    どしよー、こーしよーとあれこれやっているうちに、今に至るってわけです。

    結局は、ごらんの通りです。
    邪魔をしてくれた猫に責任をとってもらいました。
    さ、さ、寝よ。

    kyoto  弘法市(東寺)

  • 一保堂 お茶教室

    番茶と言えば、“茶色”と思っていました・・・。
    薄緑色の番茶があるってことを知ってましたか?(え、そんなの常識ですか?)

    一保堂さんの定期お茶教室に参加してきました。
    今回は「番茶を楽しむ」。

    kyoto  一保堂 お茶教室

    茶葉を育てる畑の事や精製方法などを軽く紹介したの後、
    美味しい番茶の入れ方説明。
    以下は、私のメモ書きです。間違ってたら・・・ごめんなさいと言うことで。

    ーーーーーーーーーーーーー

    おいしい番茶の入れ方(3〜4杯分)

    1.茶葉を急須に入れる。山盛り3〜4杯(柳・玄米茶3杯、茎ほうじ茶・ほうじ茶4杯)
    2.急須に熱湯を注ぎます。(約240ml 注ぎ出してから20秒計測スタート!!)
    3.20秒間は急須をさわらない。揺すったりしてはダメです。
    4.20秒たったら、なるべく揺すらずに最後の一滴まで注ぐ。
      ※それぞれの湯飲みにちょっとずつ注ぐ。(それぞれの濃さを合わせるため)
    5.2煎目からは、お湯を入れたらすぐ飲めます。

    ※人数が減っても茶葉とお湯の量は減らさない!(急須一杯分の量がベスト)
    ※残った2煎目、3煎目のお茶は、他の容器に移しブレンドを楽しむもよし、冷やして飲むもよし。
    ※上記の入れ方は、一保堂さんのお茶を使用した場合の入れ方です。

    ーーーーーーーーーーーーー

    最後に、京都の料亭や蕎麦屋さんなどでよく使われている「いり番茶」が出てきました。
    京都ではおなじみのお茶ですが、独特の香りと味があります。
    何も知らずに買った方やお土産としていり番茶をもらった方が、
    「買った商品に枯れ葉や枝が入ってます」や「タバコやたき火の臭いがする」
    「タバコ吸いながら作ってるんちゃうの?」等の苦情がたまにあるそうです。

    確かにたき火の味?香りがします。
    でも気に入れば、なくてはならない日常のお茶となります。
    ちなみに我が家では、毎日のように飲んでます。

    あ、最後になっちゃいましたが、
    一保堂のスタッフの皆さん、ありがとうございました。

    一保堂

    kyoto  一保堂 お茶教室

  • 妙心寺

    kyoto  妙心寺

    広い、とにかく広いです・・・迷子になりそ。

  • つめた〜い水

    味、色といった特徴が、邪魔になることもある。

    kyoto  つめた〜い水

  • 三室戸寺

    kyoto  三室戸寺

    梅雨はどこ吹く風のとある日、三室戸寺に行ってきました。
    お目当ては、紫陽花と宇治金時。

    そろそろ、蓮も花開きそうでした。次は、蓮の花と宇治金時・・・です。




    Copyright © 2009-2012 kyoto x photo All rights reserved.
    Site design and Photo by y213