落柿舎

kyoto  落柿舎

『柿ぬしや梢はちかしあらし山』

 

kyoto  落柿舎

のどかな風景が広がる嵯峨野の片隅に、

 

 

kyoto  落柿舎

小さな草庵がぽつり。

 

 

kyoto  落柿舎

ここで俳人 向井去来が生活し、

 

 

kyoto  落柿舎

松尾芭蕉が『嵯峨日記』を執筆しました。

 

 

kyoto  落柿舎

その昔、この小さな草庵の周りには40本もの柿の木があり、その柿の実を売る約束をした夜、嵐ですべて落ちてしまったため、
『落柿舎』と呼ばれるようなったそうです。

 

 

kyoto  落柿舎

どうぞ、ご訪問の際はお気をつけ下さい。

2009年11月06日 00:25

8 Comments

  1. himakan より:

    秋の青空に柿って絵になりますね〜。^^
    茅葺き屋根とのどかな風景がホッとさせてくれますが
    まだ向日葵も咲いてるんですか?

    最後の看板はちょっと笑えますね(笑)。

  2. はぴ より:

    こんちゃ~
    柿 秋ですね~青空といいなぁ。
    撮りたいと思いつつまだ撮ってません。
    向日葵と紅葉のコラボすごい~。

    茅葺屋根と紅葉も懐かしい~~い気持ちにさせてくれますね。
    茅の上の落ち葉がすごく綺麗~。

  3. ひろ より:

    こんばんは^^
    落柿舎綺麗になりましたね^^
    また訪問しないとね^^

  4. meruchy より:

    里山の雰囲気がとても好きです。
    まだ、向日葵が咲いているのですね。
    萱葺き屋根のアップ、面白いです。

  5. y213 より:

    himakanさん、こんばんは。
    お!ほんまや・・・向日葵咲いてる。
    全く気がつきませんでした。(笑)

  6. y213 より:

    はぴさん、こんばんは。
    向日葵と紅葉のコラボ・・・
    全く意識してませんでした。
    結果オーライで(笑)

  7. y213 より:

    ひろさん、こんばんは。
    訪問の際は、是非一句を。
    あ、落柿には注意です(笑)

  8. y213 より:

    meruchyさん、こんばんは。
    向日葵には、全く気がつきませんでした・・・。
    でも、ちゃんと写ってますね(笑)

Add a Comment




Movie
No movie sorry.

 

 

Related Posts




Copyright © 2009-2012 kyoto x photo All rights reserved.
Site design and Photo by y213